話題のニュース

コロナウイルス 国民1人 10万円寄付 外国人も対象に Twitter 感想 まとめ

これは本当にありがたい政策ですね。

私の方はあまり被害が少ないところなので
申請するのは正直ためらいますね。

しかし 個人が申請し親族や知人に送るという手も
ありますし 都会の親族を援助するという手もいいかもしれません。

安倍首相は4月17日、国民1人当り10万円を支給することを会見で発表しました。

 申請殺到による感染リスクを避けるため、手続きは窓口ではなく郵送やオンラインで行うことを考えているとのこと。当初、減収世帯に30万円を支給する方向で進めていましたが、方針を転換することに。首相が混乱を招いたことを謝罪する場面もありました。

ねとらばより

政府が新型コロナウイルスに対する緊急経済対策として実施する方針の「国民1人あたり10万円の給付」について、所管する総務省の担当者は「住民基本台帳に登録されていれば、国籍に関わらず給付の対象とする方向で検討を進めている」と明らかにした。

安倍首相の「国民1人あたり10万円」の給付は、従来の「収入が減った世帯に30万円」と入れ替わる形で補正予算案に組み込まれる。

一方で、外国籍の住民らが入るかどうかは明言されておらず、Twitterでは「#外国籍・無国籍市民にも一律給付を」とするハッシュタグが拡散していた。

総務省の生活支援臨時給付金室の担当者は4月17日、ハフポスト日本版の取材に対し、今回の給付対象はリーマン・ショック後の2009年に実施された「定額給付金」を「土台に考えている」とした。

定額給付金は、外国人であっても給付対象になっていた。

HUFFPOSTより

Twitterの感想





プチプチを大量につぶす動画(^-^)

ストレス解消にはちょうどいいですよね
プチプチ(^-^)

私は昔 あられの缶のプチプチをつぶしてました。

おもちゃのミニカーやスポンジなど、いろいろな物を強力なシュレッダー(破砕機)にかけるYouTube動画がなんだかスッキリします。特に最後のプチプチは、音フェチにはたまらないかも……!

 シュレッダーがどのくらい強力なのかというと、木製のラケットはもちろん、金属製のボウルもメリメリと破砕してしまうレベルです。ミニカーは一瞬で消え、ボウルも挟まった瞬間、なんとも言えない気持ちの良い音を立てて消えます。ちょっと怖い気もしますが、破砕の様子が興味深くて繰り返し見たくなります。

 そして一番のお楽しみは、みんな大好き「プチプチ(気泡緩衝材)」。しかも動画では長いロールが用意され、グルグルと長い時間プチプチを潰していく贅沢具合です。気になる音は、強雨が窓に当たって家の中に響くような音のような雰囲気。聞きなじみがありつつも、やっぱり快音には間違いないので是非聞いてみてください。

advertisement
 ちなみに投稿者によると、粉々になった大量のプチプチはきれいに掃除してリサイクルに出したとのことです。

ねとらばより記事引用

pay pay ユーザー数1000万人間近

私も利用してますがスムーズな決済で
小銭いらずで重宝しています(^-^)

ちなみに私のキャッシュバック最高額は
5,000円でした(^-^)

ソフトバンクの宮内謙社長が、8月5日の決算説明会で、決済サービス「PayPay」の進捗(しんちょく)について語った。PayPayの累計登録者数は、2019年8月5日時点で980万人を突破した。7月18日に900万に達したが、そこからさらなる上積みとなった。 

 さらに、8月5日時点での累計決済回数が1億回を突破したことも明かした。PayPayが始まったのは2018年10月5日なので、これらは、ちょうど10カ月での数字となる。

「(初回の100億円還元キャンペーンで)ドカーンと伸びたときはお叱りを受けたが、毎日伸びている」と宮内氏は手応えを話す。「100億円キャンペーン以降は、大きな金額のリターンをやっているわけではないが、使用回数を増やすキャンペーン(ワクワクペイペイ)で順調に伸びている」と同氏は好調の要因を話す。

ワクワクペイペイでは、7月は飲食店やスーパー、8月はコンビニエンスストア、飲食店、スーパーでランチタイムに最大20%のPayPayボーナスを還元。大型キャンペーンで終わらず、こうした小刻みなキャンペーンでPayPayの利用習慣を定着させたことも大きかったという。加盟店も順調に拡大しており、「少なくともコンビニ3社(ファミリーマート、ローソン、セブン-イレブン)では使えるし、ドラッグストはほぼ90数%使える」と宮内氏は話す。

 オンラインでの利用も拡充し、6月からはヤフオク!やYahoo!ショッピングが対応し、2019年秋には「PayPayモール」「PayPayフリマ」といったECサービスも始める。

ITMEDIAより引用